スポンサーリンク

記録メディアの違い~CD・DVD編~

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今やBlu-rayも出始めてきていますが

DVDも現役!(まだCDも現役という人もいるかもしれません)

そんなわけで規格についていろいろ説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


記録メディアの違いについて

記録メディアとは、

CDやDVDなどの光ディスクのことを言います。

書き換え回数はメディアごとに、

ある程度決まっています。

追記型について

追記型(WORMメディア)のCD-RやDVD-Rは

一度しか全体に書き込むことができません。

すなわち、一度記録したら2回目は記録できないということです。

書き換え可能型について

CD-RWやDVD-RW、DVD+RWなどの

RW系メディアは大体1000回程度書き換えが可能です。

RWは全体を消去したうえで何度も書き込みができるのが特徴です。

またDVD-ROMというのも存在しており

こっちは10万回程度書き換えが可能です。

耐久年数

・RW

数十年~数百年程度といわれています。

・ROM

10年以上といわれてます。

取り扱いのポイント

ディスク表面に、

指紋やほこりなどを付着させないように管理しましょう。

ラベルなどは張らないようにしましょう。

ペン先が固い筆記用具で

強く書いたりしないようにしましょう。

できるだけ濡らさないようにしましょう。

傷をつけたり、荷重をかけたりしないようにしましょう。

過度の読み込み、書き込みはできるだけ控えましょう。

ほこりの多いとこに置かないようにしましょう。

直射日光は厳禁です。

熱を持つとデータが消えることがあります。

寿命を最大限に伸ばすために、

ディスクは垂直に立てて保存して、

手に取るときは扶持だけを持つようにしましょう。

CR-Rに字を書くときは、

水性やアルコールインクの

やわらかいペンだけを使いましょう。

メモリーカードの寿命と取り扱い注意

書き換え回数は、

数万、20万回程度をメーカー保証回数に

しているところが多いようです。

データの季肋部は守られていても

外部に露出した端子の損傷により、

使用できなくなる場合が多いです。

強い時期やm電気の発生源に近づけると

故障の原因となるので注意しましょう。

定期的に新品のメディアにデータを移し替えましょう。

メモリーカードの種類について

メモリーカードとは、

  1. コンパクトフラッシュ
  2. SDメモリーカード
  3. メモリースティック
  4. xDピクチャーカード
  5. USBメモリー

など多彩なものが存在します。