スポンサーリンク

光電話の仕組み~光ファイバーとは何ぞ?~

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

通話料がお得で通常回線のいらない光電話。

果たしてそんな仕組みはどうなっているのか?

スポンサーリンク


光電話って何?

ひかり電話とは基本的に

インターネットのプロバイダーが提供するサービスです。

その為、電話加入権不要で

基本的に定額で加入することができます。

その仕組みについて説明していきます。

光IP電話とは?

光ファイバー回線を利用したIP電話サービス。

メタル回線なしで光ファイバー回線のみで

インターネット接続サービスと加入電話サービスが受けられます。

通話は品質も加入電話とそん色ないレベルになり、

電話番号も加入電話番号と

そのまま引き継いで使うことができるようになりました。

緊急電話へも発信できます。
(110、119など)

主にNTT東日本・西日本が提携する
「ひかり電話」

KDDIが提供する
「光プラス電話」

ソフトバンクBBが提供する

「yahoo!!BB光」

などがあります。

光ファイバーとは?

ガラスやプラスチックの細い繊維でできた

光を通す通信ケーブル。

コンピューターの電気信号をレーザーで光信号にに変換します。

一般的に使われている電気信号を通す「メタルケーブル」に比べて、

長距離でのデータ通信が可能で、

大量に通信が早くできます。

インターネットの基幹ネットワーク、LANケーブルの他に、

家庭やオフィスなんかでも使われています。