スポンサーリンク

クーリング・オフ~知っていると得する事と知らないと損すること~

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

訪問販売や電話による勧誘販売で、

必要のない商品の契約をしてしまっても、

消費者は保護されるので、よく理解しておきましょう。

クーリング・オフ

すでに代金を支払ってしまったときは?

契約がなかったことになるので、

支払い済みの代金は全額返金されます。

ただし!

指定された消耗品を使用または諸王比してる場合は、

その分は支払うことになります。

また引き取りは事業社の費用負担になります。

スポンサーリンク

クーリングオフとは?

必要のない商品や、

サービス契約をしてしまった場合、

一定期間内なら無条件で消費者から、
一方的に契約を解除できる制度です。

クーリングオフの期間は?

契約書面で受け取った日を含めて、

以下の期間内に書面で通知します。

訪問販売

8日間

電話勧誘販売

8日間

連鎖販売取引
(マルチ商法、ネットワークビジネスことMLMなど)

20日間

特定販売取引
(エステサロン、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚情報サービス、パソコン教室など)

8日間

業務提供誘引販売
(内職、モニター商法など)

20日間

スポンサーリンク



クーリングオフの方法は?

書面に契約を解除したい旨を書き、

郵送前に必ずコピーを取る。

郵便局から内容証明郵便や
簡易書籍で出すようにする。

内容証明郵便要旨は市販されています。

クレジット契約

クレジット契約をしている場合は、信販会社にも出す。

郵便を出してから効力が出るまで

書面(はがき可能)を発信したときから効力が生じます。

(郵便消印日付)

クーリングオフの期間内の消印であれば、
期限後に相手方に書面が届いても有効。

判断に困ったら、

各地域の消費者センターに相談しましょう。

クーリングオフできないケースとは?

こちらでも話した項目が当てはまります

ネットショッピングで失敗しないために
ネットショッピングで失敗しないために インターネットでは遠方のアイテムを手軽に手に入れられ...

それ以外にも

  • 総額で3000円未満の現金取引のとき
  • 通信販売での購入
  • 自分で店に行ったり
    販売員を自宅へ呼んで契約したとき
    (取引に異なる)
  • 特定商取引に関する法律で
    指定する以外の商品、サービスなど
  • 乗用車の購入契約

などなどです。

スポンサーリンク
フォローボタン

フォローする

フォローする