スポンサーリンク

個人情報を守る~情報化社会における個人情報の扱い~

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

情報化社会では、

インターネットを通じて大量の個人情報が取り扱われており、

流出が後を絶たないです。

それに伴い個人情報保護法が2005年から全面的に施行されています。

スポンサーリンク


個人情報保護法とは?

インターネットが普及したことにより

個人情報が大量に取り扱われるようになっている現状。

個人情報を流出させないために罰則を加えた法律の一つです。

詳しく説明していきます。

  • 法律の目的

高度情報通信社会の進展に伴い、

個人情報の利用が著しく拡大しました。

そこで個人情報の適正な取り扱いに関して、

基本理念及び政府による基本方針、個人情報の保護に関する施策の基本事項を定め、

国及び地方公共団体の責務等を定めて、

個人情報の有用性に配慮しながら、

個人の権利利益を保護することです。

  • この法律で規定される「個人情報」とは?

  1. 生存する個人に関する情報。
  2. 該当情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述等により
    特定の個人と識別できるもの。
    (マイナンバー番号等が該当します。)
  3. 他の情報と容易に照合することができ、特定の個人を識別できるもの。

  • 取扱事業者の公表事項

個人情報の取り扱い事業者は氏名又は名称、

利用目的を明確に示し、

規定された手続き、

決まり事を守ることが義務付けられています。

処罰対象となる5000件以上の個人情報を取り扱う事業者は、

不正な情報所得者や
本人の同意なしの第三者への提供をすると処罰されます。

また個人情報の漏洩防止も求められます。

  • 処罰対象

主に5000件以上の個人情報取扱事業者に適応されます。

個人情報のデータベース等を事業用として利用するもののうち、

個人情報によって識別される特定個人の数が、

合計で過去6か月間、常時5000人分を超えないものは

個人情報取扱事業者には該当しないことになってるようですが、

金融分野の業種には尊守が求められているようです。

処罰理由

  1. 個人の同意を得ず、個人データを第三者に提供した。
  2. 委託先の会社が、個人情報を外部に漏らした。
  3. 圧目的のために集めた個人情報を、
    個人の同意なしに別の目的に利用した。

※以下の項目は明確に書き直すためちょっと保留

  • 個人情報漏洩の原因とは

事業者が主に管理不足などで流出することが多い。

個人PCなどでウイルスなどで流出することも多いです。

  • 名刺情報の利用目的を伝える必要とは

名刺の情報も流出する危険性があります。

  • 個人情報の利用を停止させる方法とは

個人情報保護団体の苦情窓口などに申し出ることもできます。

  • しつこい電話勧誘を断る方法とは

留守番電話で相手の出方を見て、着信拒否するのが良い。